三田補聴器コスモス・スタッフのblog

ヘッドフォンと危機管理(まだまだ知られていないヘッドフォン難聴)

2017-12-16

先日、スマホしながら自転車を走行し、高齢者が死亡されたとニュースがございました。

車のながらスマホは減ってきているのかもしれませんが、

自転車、歩きスマホはまだまだ多いように感じます。

このケースでは、ヘッドフォンで音楽も聴いていたとのこと。

注意が散漫になっていたことでしょう。亡くなられたの方の冥福を祈るとともに、このような事故がもう起こらないことを祈ります。

 

ヘッドフォンで音楽をきいておられる方は多いかと思いますが、

自転車を走行しながらは特に危ないです。音量がどれぐらいかはわかりませんが、

ちょっとした気配を感じにくくなっていると思いますので、事故の元です。

 

実際私自身も、高校生の頃ヘッドフォンをつけて自転車で走行しているときに、

ヒヤっとしたことがありました。それからは、自転車のときにはしないを守っております。

 

ヘッドフォン難聴も最近は指摘されています。

音量は小さく、そして使用した時間と同じ時間休憩をするようにといわれています。

 

音楽プレーヤーが普及して、30年ほどでしょうか?

加齢での難聴の低年齢化がこれからいわれるようになるかもしれませんね。

 

耳の神経は痛めてしまったら、なかなか元には戻りません。

耳も十分いたわってあげましょう。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube