三田補聴器コスモス・スタッフのblog

『半分青い』によって知っていただけるようになってきた一側性難聴

2018-05-29

一側性難聴・・片方きこえていたら、不自由がないのでは?と

思われるかもしれませんが、健聴者が思うより、一側性難聴の方は不自由さを感じていますし、

疎外感を感じることもあるとお聞きします。

 

片方がきこえないことで、音の方向性がでないということがあります。

そしてきこえないほうから声をかけられるとわからない。わからないから、無視してしまう。

・・・コミュニケーションの問題がでてくるということがあります。

一側性難聴は、ほんとうに外見上はわからない障害です。

 

一側性難聴の方にも使用していただける補聴器がございます。

健聴のほうに補聴器を、難聴のほうにマイクだけの補聴器を装用していただき、

きこえないほうからの音声を、きこえるほうに飛ばすということができます。(クロス補聴器)

 

この補聴器を使用して、会社でのストレスが大いに軽減できたとよくお聞きします。

会話に集中しなければいけなかったけど、少しリラックスして会話に参加できるようになった。

座席を気にしなくてもよくなったなどお聞きします。

 

一側性難聴の方は、補聴器でいろいろと改善できることがございます。

まずはお試しください。クロス補聴器の試聴器には限りがあります。

前もってのご予約をおすすめいたします。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube