三田補聴器コスモス・スタッフのblog

第46回補聴器勉強会に参加しました。

2017-06-30

25日(日)は補聴器勉強会に参加しました。

午前は、機能性難聴と聴覚情報処理障碍~病態を理解した上での対応を考える~

益田 慎氏 (県立広島病院 小児感覚器科)の講義

午後は高齢者の補聴器

太田 和博氏(太田耳鼻咽喉科)の講義がありました。

 

午前は、まだまだ認知されていない、ANSDや機能性難聴、聴覚過敏について学びました。

正直しっかりと学んだのは初めてかもしれません。聴きたいのにきくことがでいない、聞こえているこえているのに聴いていない

なかなか周囲に理解していただくことは難しいこともあるのだろうと感じました。

 

軽度難聴の方も雑音があるととたんにきこえにくくなるということがあります。

上記の障害をお持ちの方々も雑音下での聞き取りは本当にしにくいという現状があります。

そんなときにフォナックのロジャーの有効性を感じました。

ロジャーフォーカスの有効性もより理解できました。

 

午後からの講義では、ききとりが悪くなり、耳鼻科に相談にこられているのに、

補聴器をすすめられても装用しない→どうして耳鼻科にこられたのか?

ご本人とご家族のきこえの認識は格差があり、ご本人はまだ必要ではないと言ってもらうために

耳鼻科に相談に来られたが、もう装用されてもよいですよといわれても、

まだ装用することを受け入れられないということが背景にあるのかなと感じました。

 

また、補聴器をすすめる聴力レベルも先生方によって違うこと。

(これは正直日々感じております)

早期であれば、補聴器の音もそんなに大きくしなくてもいいので慣れやすいということもお話しになっておられました。

 

アクティブな方ほど早期にご相談にこられているように感じます。

きこえにくさを我慢して、きこえにくいままにしていると、

会話に自信がなくなり、出かけることが億劫になってくるこれではダメだと感じて

ご相談にお見えになる方もいらっしゃいます。

 

きこえにくさを自分で感じておられるのであれば、早急なご相談をおすすめいたします。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube