三田補聴器コスモス・スタッフのblog

耳栓の形状で音の出方が違います。聴こえにくいのは耳栓のため!?

2018-04-25

使用中の補聴器の調整も承っております。

拝見しますと聴力に耳栓があっていないということが多々ございます。

 

左2個は穴があいているのがわかるかと思います。3番目は、チューリップという耳栓タイプになり、

右側は、ダブルドームというタイプの耳栓になります。

 

左にいくほど、軽度用になります。この穴があいているタイプは低音、中音の聴力が良い方は使用できますが、

低音・中音・高音も同じように悪い方は使用できません。

多くは装用感がよいだけで、穴あきになっています。実際はダブルドームが必要であるのに・・・ということが多々あります。

 

補聴器は聴こえを改善するために装用します。

最初は装用感がよい耳栓を選択することは、当店でもありますが、その場合でも

チューリップタイプの耳栓になります。チューリップタイプに慣れたのち、ダブルドームへと変更します。

 

耳栓の選択で、役に立つ補聴器になるのか、そうでないのかが決まります。

 

補聴器のご相談は、専門家が常勤、設備が完備した認定補聴器専門店で御相談ください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube