三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器を装用するイメージ

2015-10-20

補聴器をつける=老化の象徴と思われている方は多いようです。

カッコ悪い、お年寄になったと思われるのがイヤなどいろいろお聞きします。

 

聴こえにくい状況があるのに、外面からの理由で補聴器を使用しないのは、

もったいない

ということがもっと広まればと思います。

 

難聴はご自身のみが困るのではありません。

周りのご家族も困ります。

・大きな声でお話ししないと伝わらない

・テレビの音が大きく、家族の皆様には不快である

・ご本人の声が大きすぎてうるさい

このようなことは、よくお聞きすることです。

 

私たち、補聴器を専門とするものは、ついつい耳に目を向けるのですが、

補聴器をつけておられる方をお見かけをすると、

きちんと聴こえにくさに向き合われた方々と思います。

もちろん、年齢を重ねておられる方で、補聴器を必要とされていない

聴力レベルの方もいらっしゃいます。

 

ご家族が集まられたときに、自分のテレビの音は大きすぎないか、

自分の声の大きさはどうか、会話することに困っていることはないか

確認されてもよいかと思います。

 

ご家族よりテレビの音が大きい。

声が大きいとよくいわれる。

お話しをしていて、聞こえにくいときがある。

聞き返しが増えてきたと思う

 

など上記のことに一つでも該当すれば、一度ご相談ください。

ご来店の際には、ご予約をおすすめしております。

TEL 079-558-8533

ご来店お待ちしております。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube