三田補聴器コスモス・スタッフのblog

難聴とはどんな状態!?

2018-08-12

ご家族の方に聴こえにくさをご理解いただくことは、なかなか難しいことです。

まずは耳に指をいれてください、少し聞きづらいですね、この状態が軽度の難聴に近い状態と

思ってくださいというお話しをします。

 

そして写真で例えることもございます。

難聴はピンボケの写真をずっとみているのと同じです。

軽度難聴であれば、ピンボケだけどなんとなくの形はわかるので、写っているものがなにかがわかる。

中度、高度、重度になるにつれ、写っているのはわかるけど、なんだかわからないということが強くなると

思っていただければと思います。

 

ピンボケの度合いが強ければ、写っているものもなにかわかりません。

 

よくお聞きするのは、きこえているのだけど、はっきりきこえない。

なにを言っているのかがわからない。

これは、音としてとらえることはできていても、言葉としてとらえることができない状態なのです。

 

一般的には高音部分がききとりづらくなるので、言葉としてしっかりとらえることができなく

なるということがございます。ですのでこの高音部分をしっかりいれると、音が甲高くなり、

お茶碗の音、新聞をめくる音、いろいろな物音が気になる、うるさいということになり、

これが最初の難関かと思います。この難関=甲高い音に慣れていただくと、

たしかにお茶碗の音などははっきりきこえるけど、気にならないということになります。

 

その難関にいつ到達できるのかどうかは、お人によって違いますので、

難関にできる限り無理なく到達できるように調整していくのが、

補聴器の調整となります。

 

補聴器に慣れていただくには、時間がかかります。

当店では、試聴に重きを置いているのはこのためです。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube