三田補聴器コスモス・スタッフのblog

難聴の影響(思っているより大きなものです)

2018-08-26

先日、駅でこのような出来事を目撃しました。

 

乗換のことを駅員さんに質問されている様子でした。

駅員さんは、最初は普通の声で話をされていましたが、何度も聞き返しをされるので、

どんどん大きな声になっていました。最後は図のようなものを見せて説明されていました。

 

駅は、にぎやかな場所になるかと思います。

私が目撃したときには、人は少な目で静かな感じでした。

それでも大きな声で話さないとわかりづらいということは、難聴があるのかなと思いました。

 

大きな声を出し続けることは、のどには負担です。

仕事がら私も大きな声を出さないといけないことがありますが、少し話すだけで、

喉に負担がかかっていることがわかります。

 

きこえなくてもいい、きこえにくければ、周りの方が大きな声を出してくれれば・・。

このように思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

考えておられるより、周りの方への負担は大きいものです。

 

少しでもききづらくなれば、早い目のご相談を。

テレビの音が大きい、聞き返しをしてしまうということであれば、

周りの方は大き目の声でお話しされているかと思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube