三田補聴器コスモス・スタッフのblog

おたふくかぜの合併症による難聴

2017-11-08

2015~16年におたふく(ムンプス)は大流行となっていたようです。

今年1月に9歳の娘もおたふくになりました。3日ほど熱と痛みにうなっていましたが、合併症も

起こすことなく、治癒いたしました。学校で大流行だったようです。

 

大流行したこの2年でムンプスによる『難聴』と診断された人は336人で、そのうち340人が生活に支障があるレベルだそうです。ムンプス難聴

というのは勉強したことがありましたが、正直そんなに多いとは思いませんでした。

 

ワクチンの副反応で無菌性髄膜炎になるのは1万人に1人といわれているので、難聴になるリスクのほうが高いとのこと。

私自身も、おたふくにならなかったので、看護学校の小児科実習に入る前に、おたふくの予防接種をしました。

 

予防接種には賛否両論ありますが、副反応より難聴になるリスクが高いのなら考えるべきことかなと感じました。

 

実際、子供のときのおたふくの影響で難聴になり、片耳がきこえないので、

会議などで困るといったご相談もございます。いろいろ測定をさせていただき、クロス補聴器の試聴をしていただくことが多いです。

 

片方の耳が聞こえているからといっても、騒がしい場所でのききとり、会議等でのききとりは

難しいことが多いとのことです。そのような場所でも改善できるよう、調整させていただいております。

 

おたふくの後は、聴こえの観察は必要です。

少しでも異常をお感じになられたのなら、早急にご相談ください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube