三田補聴器コスモス・スタッフのblog

きこえるのだけど、なにを言っているのかわからないは、きこえていないという認識が正しいかと思います。

2019-12-18

ご相談にお見えになる方の多くは、『きこえるんだけど、はっきりきこえない、なにを言っているのかわからない』

と表現される方は多いです。

 

聴力測定、言葉の聞き取りの測定をさせていただき、補聴器の調整(やさしめ)できいていただくと、

よくきこえる、はっきりきこえるという感想を述べられます。

 

補聴器の試聴を開始され、装用時間が伸びてくると、補聴器がなかったら、きこえていない

ということがよくわかったとお話しされる方は多いです。

 

きこえの問題は、ご本人より周りの方が困られることが多いです。

大きいテレビの音、大きめの声でどんなときでも会話しないといけない・・・

ご本人は気づかれていないパターンも多いです。

 

趣味などをお持ちで、お出かけになる機会が多い方は、

きこえの変化に敏感で、ご本人自らがお越しになることは多いです。

 

補聴器を装用されるようになると、『こんなに自分はきこえていなかったのか』と思われる方は多いです。

加齢性難聴は、数十年かけておこりますから、少しづつの変化はわかりづらいと思います。

 

言葉を聞き分ける力をしっかりお持ちの方は、補聴器を装用されると変化はわかりやすいかと思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月第2水曜日は三田市総合福祉保健センターでの補聴器相談日です。

ご予約不要です。来店前に話をききたいなどございましたら、お気軽にお越しください。

時間は10時~12時です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube