三田補聴器コスモス・スタッフのblog

このタイプの補聴器は要注意!!

2019-09-14

 

ちょっと写真がみくいもしれませんが、他店購入のお客様の補聴器は真ん中タイプの補聴器をよくおみかけします。

耳垂れがでるなどなければ、一番右のRICタイプのほうが、音はしっかりとでると思うのですが・・・・。

真ん中のチューブはスリムチューブといい、左端のタイプに比べ、チューブ部分が目立ちにくいというのがあります。

しかしながら、このチューブの欠点は、音をしっかりと出しても逃げてしまうということがあります。

 

低音(250~500kHz)の音は補聴器で出しても逃げてしまいます。中音部分(1kHz周辺)も逃げます。

ですので、高音のみ聴きにくい方には使えるのですが、多くは中音部分も低下しているので、必要な音がでないことになります。

 

真ん中タイプの補聴器をお持ちになり、きこえにくいとおっしゃる方には、一番左端タイプに変更します。

そうすると、少し装用していることが目立ちますが、しっかりと音はでるようになります。

 

お持ちこみなるスリムチューブ補聴器は多いです。なぜこの選択をするのか??

疑問はありますが、少しでもよりよいきこえになるよう有料ですが、お手伝いはさせていただいております。

 

補聴器は短期間の試聴ではよくわからないまま購入となってしまいます。

しっかりお試しして、どこまでの機能が必要なのかをしっかり吟味してください。

お待ちしております。

 

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube