三田補聴器コスモス・スタッフのblog

ヘッドホン難聴・スマホ難聴

2015-12-30

難聴の方が増加しているといわれていますが、とくに若年層での急増が目立つのが、

ヘッドホン難聴やイヤホン難聴あるいはスマホ難聴と呼ばれる騒音性難聴の一種です。

 

その急増から、世界保健機構(WHO)から2015年3月、日本でも耳の日にあわせて

若者たちに警告が発せられました。

世界で11億人が聴力にダメージを与える可能性のある危険な音にさらされているとのこと。

危険な音とは、85dB以上の音です。街中の喧騒程度の音の大きさになります。

通勤や通学途中では、電車内や街中の音にかき消されないようについつい大きな音で

音楽を聴いてしまいます。そうすると85dBを超える音量で音楽を聴いてしまうのです。

騒音になるリスクの大きさは、音の大きさ×音にさらされた時間で決まります。

音量を控えていても長年の間には難聴のリスクが高まってきますし、大音量で聴いていれば

短時間でのリスクが高まります。

そして運動不足や、脂っこい食事、不規則な生活、喫煙や過度な飲酒習慣、ストレスなど

血管によろしくない生活を続けることによっても、動脈硬化になりやすくなりますので、

ヘッドホン+上記等の生活をされていると、リスクは高まることは、ご認識ください。

 

ずっと、ヘッドホンで音楽聴いていて、最近少し聞き取りにくいことがある

などございましたら、ご相談ください。

静かなところでは大丈夫なんだけど、会議などで聞き取りにくい、

周りが騒がしいと聞き取りにくいなどございませんか?

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめしております。

TEL 079-558-8533

お待ちしております。

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のための資料を無料提供させていただいております。

ご郵送もいたします。三田市、神戸市、西宮市、三木市、篠山市の方々をご優先させていただいております。

資料請求は、ホームページお問い合わせからも承っております。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube