三田補聴器コスモス・スタッフのblog

三田補聴器コスモス ご相談

2015-10-06

三田補聴器コスモスでは、ご相談も承っております。

やはり、テレビの音が大きいと言われる、声が大きいといわれる、お孫さんの会話がわからない

などで、ご相談に見えられるかたは多いです。

 

補聴器=年配の方がつけるものという印象が強く、

つけることがカッコ悪いと思われているかたもまだ多いようです。

 

補聴器を装用されている方は、年配の方という印象は致し方ありませんが、

聞こえにくさに向きあい、できる対処をされた方だと追加印象も

世間一般の方がもっていただければと思います。

 

来店されて多くの方が、聞こえにくさは我慢するものではないね~と

おっしゃいます。もっと早く相談すればよかったなどもよくお聞きします。

 

よくお聞きするのは、ちょっと大きい声で話しをしてくれれば聴こえるということです。

ですが、大きい声で話し続けることは、とても大変なことです。

長時間大きな声を出し続けることは、本当に大変です。

私たちは、仕事がら大きな声を出すこともありますが、正直長くはできないので、

話をできる限りまとめて、お客様にお伝えします。

といったように、大きな声で話してもらう=用件のみになる傾向にあるということです。

 

会話の楽しみは、用件のみ話すことではなく、用件の話をするまでの話や、

用件を話してからの話などが楽しいと思います。

 

お互い気持ちよく会話をするためには、お互いが歩みよる必要があります。

ご家族の方は、ゆっくり正面で話すこと。

補聴器の装用レベルになっておられる方は、装用すること。

 

ご自身の聞こえにくさに向き合い、補聴器をつけてみようと思われた方は、

ぜひご来店ください。お来店の際には、ご予約をおすすめしております。

TEL 079-558-8533

 

 

 

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube