三田補聴器コスモス・スタッフのblog

他店購入のお客様の補聴器のこんな事例

2016-06-10

先日、他店で購入された補聴器をみてほしいということで、ご来店された

お客様がいらっしゃいました。自分自身はどうも音が小さく出ていないと思うのに、

お店では、出ているといわれて、どうすれば??と思われ、ご相談にお見えになられました。

 

補聴器をパソコンにつなげると、確かに出力は出ています。

ですが、こちらも聴いてみますと、なんだか聴力に比べて出力がえらく小さく感じます。

 

このようなときに大切なことは、客観的なデーターをとるということです。

そのときに使用する機械がこちらです。

rp_DSC_0935-300x2251-300x2251-300x225-300x2251-300x225.jpg

補聴器特性器といいまして、補聴器からどれぐらいの出力が実際にでているのかを確認いたします。

これで、お客様の補聴器を調べてみると、出力はほとんどでていない状態でした。

特性器で調べれば、すぐにも結果はわかりますが、残念ながら補聴器を取り扱うお店でも、

この機器はないお店はまだまだ多いとお聞きします。

 

その後修理をメーカーに依頼し、補聴器の出力はしっかりとでました。

 

このようなことがあると、看護師時代に先生にいわれたことを思い出します。

主観的データだけでなく、客観的データーも集めて、看護しなさいということです。

このケースであれば、お客様のお話しに耳を傾け、パソコンで調べて確認したということまでは、

よいのかと思いますが、実際自分の耳で聞いて、なにか異常を感じたのなら、その異常を

確認できる機器は使用するべきです。機械がなければ、自分の感覚に頼ることになりますが・・・。

補聴器を取り扱うためには、やはり特性器は必要と感じた事例でした。

 

補聴器の特性器を完備しているのかは、お店をみていただくだけでは、一般の方にはわかりません。

一番わかりやすい目安として、認定補聴器専門店であるのかどうかというものがございます。

認定補聴器専門店であれば、認定補聴器技能者が常勤しており、設備も整っております。

 

補聴器を装用しておしまいの医療機器ではありません。

その後のアフターケアが大切です。お気軽にご相談ください。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube