三田補聴器コスモス・スタッフのblog

冬場の補聴器のお疲れは、梅雨に入る前に取り除いてください。

2016-05-03

冬場に、おうちの中の窓ガラスや壁が結露するということがあると思います。

そのようなことが、補聴器内部でもおこりえます。

一番わかりやすいのは、耳かけしきの補聴器のチューブのところに結露するということです。

この結露があれば、音がでなかったり、音質が劣化したりということが起こります。

 

温かいところから寒いところへ、寒いところから暖かいところへの

繰り返しで補聴器内部も結露します。

夜間乾燥ケースにいれていおられるという方も、乾燥ケースにいれるだけでは、

とりきれない湿気があることをご認識いただければと思います。

乾燥ケースの乾燥剤は、定期的に交換する必要があります。

 

定期的にご来店いただければ、乾燥剤の状態もチェックさせていただき、

交換もおすすめさせていただけます。

 

より良い状態で長く補聴器を使っていただくためには、

お客様には定期的な来店と乾燥剤の交換をしていただく必要があります。

 

ご本人の来店が難しければ、ご家族の方が補聴器と乾燥ケースをお持ちいただく

ということでも大丈夫です。調整が必要な場合は、ご本人に来店していただ必要があります。

 

冬場の補聴器の疲れ、ぜひ梅雨に入る前に取り除いてください。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

5月より、毎月3日は『きこえの相談日』をさせていただきます。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube