三田補聴器コスモス・スタッフのblog

加齢性難聴で「認知症リスク」が上昇、うつ病や運動機能低下も 

2019-05-09

補聴器メーカーのワイデックスのみみからにこのような記事が掲載されていましたので、

ご紹介いたします。

 

加齢性難聴で「認知症リスク」が上昇、うつ病や運動機能低下も

 

近年、難聴は認知症のリスクの一つであるといわれ、難聴を放置せず、

早い目にご相談される方は増えてきました。

ですが、ご家族と相談にお見えになられたのに、

まだまだちょっと大きめの声で話をしてもらえばわかるからと言われ

先延ばしをされる方もいらっしゃいます。

 

ちょっと大きめの声を出し続けることは、難しいことです。

正直しんどいので、私自身も接客以外では出したくないと思います。

 

また大きめの声を出すのも、場所を選びますので、こんなところで大きな声を出したくないと

思っていても、伝えなければいけないことがあれば、大きな声を出さないといけません。

場にそぐわない声を出すことは、聴こえている方にとってはストレスです。

聴こえにくい方が、場にそぐわない声を出しておられても、本人はきづいてなければ、ストレスにはならないと

思いますが、聴こえている方が、静かな場所で大きな声を出すことは、場にそぐわないとわかりますので、ストレスです。

 

これは、よくお聞きします。静かなところで、いきなり大きな声で話をするので、恥ずかしい。

内容がみんなに聴こえているので、恥ずかしいなどは、ご家族の方々からよくお聞きする話です。

 

難聴は御自身の問題にもなりますが、周りの方にも大きな問題となり、

迷惑をかけていることがございます。

 

年齢とともにの聴力低下は、様子をみて、よくなっていくということはありませんので、

きこえにくさを感じたら、早急にご相談されることをおすすめいたします。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube