三田補聴器コスモス・スタッフのblog

家族と難聴者とのきこえのギャップに関して。

2017-04-23

難聴はわかりづいらいものかと思います。

資料は古いのですが、10年前の調査結果では、聴力低下をしている方はおよそ

2000万人といわれています。そのうち自覚がない方は907万人、自覚がある方は1037万人、

自覚がある方で補聴器を使用している方が339万人、自覚があるが補聴器を使用していない方が698万人

といわれています。10年前の調査結果ですので、聴力低下されている方はさらに増えていると思います。

 

ご家族は、大きな声で話すのもしんどいし、テレビの音も大きいのもしんどい

会話が成り立たない、会話が成り立たないからストレスということもよくお聞きするお話です。

一方聴こえづらいご本人は、きこえているし、不自由がないとのこと。

周りの方が察知して、大きな声を出していること、テレビの音が大きいけど、周りの方はうるさいけど

我慢しているのかしれません。

ご本人は不自由していませんが、周りは不自由しているということがございます。

 

ご家族とご本人とのきこえにくさのギャップはよく感じることです。

一つ一つ、ご家族、ご本人ときこえの確認をしながら、お話をしていくと、

周りの人は気を使ってくれていたんだ、テレビの音が大きくやかましかったのか、

と気づきがたくさんうまれます。これが、補聴器装用へのやる気にもなります。

 

ご家族の方は、ご本人に聞こえにくさがあるとの思ったときには指摘されるといいと思います。

それでも、なかなか自覚されないということでしたら、ご相談にお見えになるのも一つです。

現状の聴力、言葉のきこえの状態から、今のきこえはどういう状態なのかを知っていただきます。

そこから、きこえづらさの自覚がはじまり、補聴器装用へとつながることも多々ございます。

 

ご相談ください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube