三田補聴器コスモス・スタッフのblog

当然のことですが、補聴器を取り扱うためには、補聴器特性器は必要です。

2016-06-14

先日、あるお客様の補聴器の納品のために、調整をさせていただいておりました。

当店は、補聴器を常時装用できるようになった段階で購入を検討いただいておりますので、

納品時には、今までご使用になっていた補聴器データーをうつしこむという方が多いです。

あるお客様も、データーをうつしこみ、補聴器特性器でチェックいたしました。

そうすると、出力が今までご使用になられていた補聴器よりもまったくでていません。

・・・・このようなときには、レシーバーという部品は悪くなっている可能性がありますので、

レシーバーを交換すると、同じように出力がでました。レシーバー不良だったようです。

 

・・・・補聴器特性器があってよかったと改めて思いました。

パソコン画面では、出力は同じ数字ででていても、実際は思った出力ではないということが

ありえるのです。それを確認できるのが、補聴器特性器です。

 

とんでもなく高価な特性器ですが、やはり認定補聴器専門店では必要不可欠な機械です。

 

補聴器のご用命は認定補聴器専門店へと申し上げるのは、このようなことも日々あるからです。

設備の整っている、整っていないが、補聴器の調整に影響し、お客様の満足度にも影響しうるのです。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube