三田補聴器コスモス・スタッフのblog

本当にきこえにくくなったら、補聴器をつかえばいい、その認識は!?

2019-01-17

聞き取りづらさを自覚しながらも、まだ早いのではと思い、

来店せず様子をみておられる方は多いかと思います。それはデーターからもわかります。

難聴を自覚してから来店するまでに平均して7年かかるといわれています。

 

気導・骨導測定は(ピーとかプーとかの音)年齢とともにゆるやかに落ちていくといわれています。

ですが、言葉を聞き分ける力の低下はわかりません。(特に高音域をしっかり聴いていないと、子音の聞き取りができなくなってきます)

 

本当に聴き取づらくなったときに、補聴器を装用して効果がでるのかでないのかはわかりません。

補聴器を装用することで、言葉を聞き分ける力を保つことは大切なことかと思います。

 

少しでもご自身が不便と感じているということは、周りの方も大きな声で話さないといけない、

大きなテレビの音をきかないといけないということになっているかと思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube