三田補聴器コスモス・スタッフのblog

業界での常識!?補聴器がタンスの肥やしになる理由

2017-11-28

私自身が5年前にこの業界に入って、初めて参加したあるメーカーの講習会で、

試聴のときにお客様にお渡しする補聴器は、少し大きめの音で出してあげると

効果がわかりやすいのでいいですよという説明を受けました。

 

正直そのときには、弊社では時間をかけて調整をするということを徹底し始めた時期でしたので、

困惑したことを覚えています。

 

少し大きめの音で御貸出しになれば、

『まわりの音ばかりきこえる』

『補聴器はやかましいから必要なときだけ使用する』

最終的には、確かにきこえるから購入したけど、あまり使用していない→タンスの肥やしになる

ことにつながるのではと思いました。

 

試聴期間を短く、効果を早く感じてもらうこの意識が補聴器を販売する側の意識としてある

だからこそ、つかえない補聴器が多いのではと後々感じました。

このメーカーのシェアは大きいので、このメーカーは今はこのような考えでないことを祈るばかりです。

 

補聴器の調整は時間をかければ、やかましいだけの補聴器にはならないです。

周りの音に慣れていただきながら、調整を深めていくことが大切なのです。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube