三田補聴器コスモス・スタッフのblog

様々な世代の補聴器を試聴しますと、わかることがあります。補聴器は新しい世代のものを!!

2019-02-05

補聴器のカタログには、同じ補聴器にみえるのに、値段が違う、ページがすすむほど値段が安くなるといった

ことがあるかと思います。

 

補聴器は約2年に一回、新しいシリーズの補聴器を発表し販売します。

新しいものが販売されれば、古いものは販売終了となり、5年を経過すれば、修理対象ではなくなってしまいます。

 

補聴器には

ワイデックスであれば、440、330、220、110

GNであれれば、9、7、5

フォナックであれば、90、70、50、30

シバントスであれば、7、5、3

といったように、ランクがございます。お値段は約50万円~約18万円です。

 

同じランクであれば、新しいシリーズのものは、一つ古い世代のものよりお高くなってはいます。

ですが、大きく変わるといったものでもありません。

ですが音質の違いは大きいです。聞き比べてみると、全然違うと感じることが多々ございます。

(正直あまり変わらないなとおもったものもありますが、ここ数年ははっきり違うと感じます)

 

電化製品であれば、型落ちしてもそんなに影響はないかと思いますが、

補聴器は大きな違いとなります。

 

新しい世代のものほど、同じ出力でも、静かに聴くことが可能です。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube