三田補聴器コスモス・スタッフのblog

相手の話の途中で、話はじめてしまうこと。

2017-03-30

難聴がすすんでこられると、相手の方が話の途中なのに、自身がきくことができたところで、

話をしてしまうということがございます。

最終的には、自分の言いたいことだけを言うということにもなっているのかなと日々感じております。

 

会話はキャッチボールですから、一方的ではどうでしょうか?

話好き、聞き上手などあるかもしれませんが、

お相手の反応を見ながら会話をするのが、お互い気持ちのよい会話ではないでしょうか?

 

きこえるのだけど、なにをいっているのかがはっきりしない。

これは正直申し上げますと、きこえていないということです。

 

ききづらくなってきますと、とんちんかんな反応となってしまうこともございます。

そのようなことの繰り返しで、外出が億劫になる、会話が楽しめないということになりかねません。

 

聞き返しが増えてきた。テレビの音が大きくなってきた。このようなことがございましたら、

ご相談ください。補聴器も早めの対応をされる方が、慣れやすいです。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

疑問が解消され、正しい補聴器選ぶために必要な情報が掲載されております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube