三田補聴器コスモス・スタッフのblog

短期間の試聴で購入を検討することと長期の試聴で購入を検討することの違い。

2019-02-16

まだまだ多くの補聴器販売店での試聴期間は2週間程度のところが多いようです。

『試して購入』といいながらも、2週間程度では正直わからないのが現状かと思います。

でも試聴期間が終わったからということで、購入し、しっかりと使うようになるとうるさい、使えないという

残念な結果になってしまっているケースは多々見受けられます。

 

短期間の試聴であれば、必要なときにすこしだけの補聴器使用になっているかと思います。

これでは、補聴器にどの程度の搭載されている機能が必要なのかがわかりません。

 

補聴器は常時装用するものです。常時装用しなければ、効果が発揮できません。

昨今このようなことが言われておりますが、まだまだ必要なときのみの補聴器の使用は多いようです。

 

試聴期間で常時装用できるようになる。このことは、補聴器のグレードを決定する上で大切なことです。

補聴器には雑音制御機能、突発音制御機能、ハウリング抑制機能など様々な機能がございます。

これらの機能は、補聴器のランクによって違いますので、聞き比べてもらって、最終判断していただくことは大切なことです。

 

常時使するものだからこそ、我慢しながら使うことはおすすめしませんし、

機能に余裕のあるものをおすすめします。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube