三田補聴器コスモス・スタッフのblog

耳掃除でのけがに御注意 

2016-03-10

WIDEXページより

耳掃除の際に耳かきや綿棒で耳の中を突いてしまうなどしてけがをしたという報告が、

この5年半余りの間におよそ180件寄せられ、中には鼓膜が破れるけがをしたケースもあることから、

国民生活センターが注意を呼びかけています。

 

耳掃除はついつい気持ちがいいので頻回にしてしまうということを

よくお聞きします。ですが、耳かきは耳の中の皮膚を傷めてしまうことがございます。

場合によっては、鼓膜までいってしまうこともあるとか・・とても怖いことです。

 

自分でされるときは、耳かきがどこまで入っているのかはわかりません。

深く入っているのかもしれません。

ですので、基本はお風呂上りに軽く綿棒で入り口付近と、耳のふちをお掃除する程度でいいのです。

耳垢は自然と耳の外にでてきます。耳かきや綿棒で奥を触りすぎると耳垢が奥の方に入ってしまいます。

綺麗にしているようで、耳垢を外に出す機会をつぶしてしまっているということになります。

 

基本は入り口付近を綿棒で、そして耳鼻科医院で耳垢除去をしていただくことが

耳を傷めないためにも重要かと思います。

実は、私自身も、半年に1度程度ですが、耳鼻科医院で耳垢のお掃除をしていただいております。

大切な耳を傷つけないためにも、おすすめいたします。

我が家の娘も、定期的にチェックして、数か月に1度耳鼻科で耳垢のお掃除をして

いただいております。先生にとっていただくとすっきりすると申しております。

 

補聴器を装用されていますと、耳垢が外にでてきにくくなりますので、

定期的に耳鼻科でのお掃除をおすすめさせていただいております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のための資料を無料提供させていただいております。

ご郵送もいたします。三田市、神戸市、西宮市、三木市、篠山市の方々をご優先させていただいております。

資料請求は、ホームページお問い合わせからも承っております。

 

 

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube