三田補聴器コスモス・スタッフのblog

聞き間違いは、自分のミス?それとも相手の話し方のためか?

2020-01-11

ご夫婦での聴こえ相談もよくお受けしております。

きこえづらくなってきているご当人は、

『自分はなにも不自由は感じていない、ときどきききとれないなと思うことはあるが、それは家族の声が小さいから・・』

このような発言をされるケースは多々ございます。

 

いつも一緒におられる方は、『いやいや、会話をするときに気を使って大きな声を出している、いつもいつも大きな声は出せない、

外出先で会話をしていたら、周りの方に見られてイヤだ』ということをお話しされるケースも多々あります。

 

きこえの問題は、ご夫婦の問題へと発展し、会話がなくなっていく原因となっていくこともございます。

 

聞き間違えることは、聴力低下があり、高音部分がきこえにくくなっているということから

起こっていることも多々ございます。

 

まずは聴力測定をさせていただき、言葉のききとりの測定をさせていただき、

ご本人のきこえづらさや、ご本人の持っている言葉を理解する力がどの程度なのかということを明確化していくことが大切なことです。

 

聞き間違いは、ご本人の聴力低下の影響のためということもありますが、話し方ももちろん影響します。

補聴器を装用していただければ、大きな声で話す必要はありませんが、(補聴器を装用して大きな声で話さないといけないのは調整不足の可能性があります)

今から会話をするということを、意識していただくこと、そしてゆっくり話をしていただくことが大切です。

 

歩み寄れるところはお互いにあると思います。

 

きこえづらくなってきたのであれば補聴器を装用することを検討していただくこと、

周りの方は、ゆっくり話をすること

これらのことをするだけで、思った以上にご夫婦の間のコミュニケーションはうまくいくようになるかと思います。

 

実際、補聴器を装用されて、ご家族は本当に助かっているということをよくお聞きします。

少しの助けで、生活の質が変わるということを、そのサポートをさせていただけていることにとてもやりがいを感じます。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

認定補聴器技能者が常勤しております。(スタッフ全員が認定補聴器技能者(補聴器の専門家)です)

 

毎月第2水曜日は三田市総合福祉保健センターでの補聴器相談日です。

ご予約不要です。来店前に話をききたいなどございましたら、お気軽にお越しください。

時間は10時~12時です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube