三田補聴器コスモス・スタッフのblog

聞き間違いをしてしまうというのはどういうことでしょうか?

2016-07-02

先日、当店のスタッフの言葉のききとりの測定をしました。

普通の会話音、それより小さ目の会話音、小声程度の音でやってみました。

普通会話音、小さめの会話音では100%でしたが、小声になりますと、

『す』なのに『つ』、『し』なのに『ち』、『て』なのに『へ』という間違いがありました。

 

聴き間違いをしてしまうということは、どういうことでしょうか?

一般的には、聴力は高い音から聞きづらくなってきます。

ですので、あいうえおは、はっきりするんだけど、はひふへほ、さしすせそ、などになると

聴き取りがあいまいになり、なんとか言葉のつながりでわかるかなということが

起こってきます。人との会話では、かなり集中力を使うことにもなると思います。

 

補聴器店スタッフが、聞き返しするのはいかがなものか?ということから、

必要なときには補聴器を装用しております。補聴器をつけると小声でも、

頑張ってきこうと思わなくても、楽に聞こえるというのが、本人の感想です。

 

接客がお仕事の方であれば、なおさら

聞き返しをできる限りしないことは、必要なことではないでしょうか?

 

人との会話で、もう少し大きな声で話をしてということも言いづらいこともあるかと思います。

会話はその音量で聞いていても、テレビは自分が聞きやすい音で聴いてしまう

ということから、テレビの音が大きくて、しっかりと聞こえておられる方々には

うるさすぎるということが起こります。必要以上の音量は、耳にもよくありません。

 

ご家族すべての耳の健康のためにも、あまりに大きなテレビの音であれば、

改善を考えるべきかと思います。

 

お気軽にご相談ください。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube