三田補聴器コスモス・スタッフのblog

聲の形

2018-09-06

4日(火)は台風のため臨時休業させていただきました。

そのときに、DVDで、聲の形を見ました。最近NHKで放送されていましたね。

 

重度難聴の女の子が主人公です。

重度難聴で会話をすることが難しい、声をだせても、しっかりと自分自身の声がフィードバックできていないので、

私たちの話すの言葉と少し違う状態になっています。それがいじめの原因となって、補聴器も破壊するということにもなっていました。

 

・・・・補聴器屋としては、子どものすることとはいえ、なんてことするんだと思いました。

話の中で補聴器8台を紛失、故障していました。重度難聴であれば、重度難聴用の補聴器が5年に1度支給されますが、

紛失したからといってさらに支給されるわけではありません。すべて自己負担です。

補聴器へのいたずらは絶対やめてほしいものですが、実際まれではあるとは思いますが、あるということもお聞きする話です。

 

難聴の方の理解につながる映画かと思います。きれいごとではない形で表現されていると思います。

 

私自身、手話の習得はなかなか難しいと感じていますが、最低限の手話ができるようになりたいと感じた映画でもありました。

 

お子さん、お孫さんと一緒にみるのも良い映画かと思います。おすすめです。

レンタルもあると思います。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube