三田補聴器コスモス・スタッフのblog

聴力はあまり変動しませんが、言葉をききわける力は・・・。

2017-10-19

聴力データーは数年でほぼ変化はないが、

言葉を聞き分ける力が落ちてしまったという方が多いなとここ最近感じております。

 

データーとして数年前のものをお持ちで拝見すると、言葉をききわける力が20~30%落ちておられます。

補聴器を購入したけど使用していなかった。

数年前は、補聴器が必要とは思わなかったなど、なぜ数年前にきっちり使用しなかったのかは人それぞれの理由でした。

 

言葉を聞きわける測定は、しっかり大きな音にしてどれぐらい聞き分ける力があるのかどうかを調べます。

80dBで最高の言葉を聞き分ける力がある。これはどのようなことを意味するかというと、

普通会話音は60~65dBSPLといわれています。そこからまだ大きな音にしないと言葉を聞き分る力はいい状態にならないということです。

 

この80dBの音、日常では大きすぎるので、ほとんど会話では聴かない音です。

テレビであれば、ボリュームをあげれば、これぐらいにはなるかもですが、正直近所迷惑な音量となります。

 

大きな音にしないと言葉を聞き分ける力が最高にならないということは、

日常では、その音にはならないので、曖昧に聴き続けているということです。

 

大きな音で聞き分ける力がしっかりあるのなら、そのときから補聴器装用は考えたほうがよいです。

(もちろん補聴器が必要な聴力レベルであることが前提です)

 

落ちてしまった言葉を聞きわける力は元には戻りません。

聴力も改善はしませんので、ききづらいことがあれば、すぐに相談、

補聴器が必要であるレベルであれば、数年後後悔しないためにも、早期装用これが大切だと日々感じています。

 

大きな声で話せば会話はできる。周りの人、本人はそのように考えているかもしれませんが、

落ちてしまった言葉を聞き分け力の改善は難しいものです。もう大きな声で話すのはしんどいとなった

ときには、補聴器を装用しても、改善が難しいということもありえます。

 

きこえにくければ、早期相談は大切です。

補聴器は、お試しして購入が基本になりつつありますが、

さらにじっくりお試しして、常時使えるようになってから購入するこれがベストです。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube