三田補聴器コスモス・スタッフのblog

脳の萎縮予防 中年期の運動が影響

2016-02-18

CNN) 中年期の運動能力の低さと、年を取ってからの脳の萎縮には関係があるという調査結果が、このほど神経学会誌のオンライン版に発表された。

脳は年を取ると萎縮して認知機能を低下させ、認知症につながることもある。しかし研究チームによれば、

運動によって脳の萎縮や認知機能の低下を食い止められる可能性があるという。

中年期というと、今私が40歳ですので、頃合いかと思います。

運動という運動はしていませんが、毎日5キロ弱は歩いているので、これが運動であると言えば

運動かと思います。できる限り楽せず、徒歩で通勤を心掛けたいと思います。

 

認知症というキーワードがでていますが、

実は難聴も認知症の危険因子です。(厚生労働省が2015年1月に発表しております。)

 

もうすでに、中年の域は超えたという方々は、もっと若い頃に運動をしておけばよかったと

いっても、時間は戻せません。ですので、今できる予防は必要かと思います。

 

以下のようなことが一つでもございましたら、お気軽にご相談ください。

①話しかけられたとき、聞き返すことが多い。

②テレビのボリュームが家族と同じでは聞き取りづらい。

③銀行や病院の窓口などで、名前を呼ぶ声が聞こえにくい。

④他の音が重なると会話がうまく聞き取れない。

⑤聞き間違いが多い

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のための資料を無料提供させていただいております。

ご郵送もいたします。三田市、神戸市、西宮市、三木市、篠山市の方々をご優先させていただいております。

資料請求は、ホームページお問い合わせからも承っております。

 

 

 

 

 

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube