三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器と買い替え

2015-09-16

補聴器の耐用年数は、国で定められていて、5年とされています。

5年たてば、もう使えなくなるのかというと、そうではありません。

必要なケアをしていただければ、ご使用いただけることが多いです。

 

そろそろ買い替えを考えておられるとおっしゃられる方には、

まずご使用されて何年なのかを確認させていただきます。

そして音質等チェックさせていただき、故障がないのか確認させて

いただき、判断させていただきます。

故障であれば、メーカーに提出させていただき、見積もりを出します。

その結果をみていただいて、修理をして使用されるのか、されないのかの

ご判断をされてもよいかと思います。

まれに、修理対応が終わってしまっているということもございます。

そうならないために、当店では、最新の機器をおすすめしております。

販売を終了しても、5年間は補聴器の部品を置いておかなければいけないと

決まっていますので、そのとき最新の機器であれば、修理できないという

状況にはなりえないからです。少し修理すれば使用できるのに、修理

できないと状況にならないためにも、最新の機器をおすすめしております。

 

また最新の試聴器で、聴き比べをしていただき、

新旧比べていただいて、ご判断いただければと思います。

貸し出しも行っておりますので、実生活でご確認いただければと思います。

 

補聴器の相談は、様々受け付けております。

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube