三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器の電池の寿命が短くなってきていませんか?

2019-11-30

1週間使えていた補聴器の電池が、少しづつ短くなってきているということありませんか?

冬場は4~5日になるという方も多く、『電池が短くなってきた』とお客様からお聴きすると、冬がきたと思います。

 

冬場にしていただきたいことは、電池シールをはがした直後、起床後の仕様前に、手の中でぐっと1分間ほど温めていただきたいです。

低温及び低湿度環境の冬季は夏季に比べ、30~40%電池の寿命が短くなります。

また、二酸化炭素濃度が高い環境下では、電池パフォーマンスに影響を及ぼします。

 

マンションなどの気密性の高い部屋で、石油ストーブなどの暖房器具を使用すると二酸化炭素濃度が高くなります。

このような環境下では電池挿入直後の初期電圧が上がりにくく、電池寿命が短くなったりすることがあります。

 

*新品電池を入れても補聴器が作動しない、朝起きて電源をいれても補聴器が作動しない、

すぐに電池交換アラームがなってしまうなど、このような現象が起きた場合は電池を取り出し、

手の中で電池を少し温めてからご使用ください。低温により電圧が上がらないことが考えられます。

 

冬場は電池が早くなるということなので、補聴器の電池のストックは多めにもっておかれることをおすすめいたします。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月第2水曜日は三田市総合福祉保健センターでの補聴器相談日です。

ご予約不要です。来店前に話をききたいなどございましたら、お気軽にお越しください。

時間は10時~12時です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube