三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器の音がでない!?この時期によくございます。

2017-11-18

補聴器の音がでないということで、お持ちになられますと、

その方の補聴器は耳かけ型の補聴器で、細いチューブタイプではなく、

透明のチューブタイプの補聴器でしたので、もしかしてと拝見すると、やはり耳栓のチューブ内に結露していました。

 

結露すると、補聴器の音はでない、もしくは音が小さくなります。

結露を飛ばすと、いつも通りの音がでたとホッとされていました。

 

だんだん寒さが本格的になってきました。

どうして外気温とお部屋の温度の差がでますので、おうちの窓が結露するように、

補聴器の耳栓部分も結露します。結露に関しては、補聴器から耳栓を外してもらって、

ふって取り除く、ティッシュでこよりをつくって、取り除くなど方法がございます。

 

やりやすい方法で除去してください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube