三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器は、年齢が高い方がされるもの!?その認識は違います。

2019-03-10

補聴器は年配の方がされるもの、だからカッコ悪いからしないなど

残念なイメージをもたれ、なかなか聞きにくいのだけど我慢しているということを

時折いまだにお聞きすることがございます。

 

補聴器はいまや、年代を問わず、難聴があれば装用していただくものです。

今は、突発性難聴などで難聴となり、30代~50代のまだまだ現役でお仕事をされているのご相談が増えております。

 

補聴器=年配の方がつけるものと思われている方々が、

お若い方々が来店されていることに気づかれると、補聴器は年代関係ないんだね~と感想をお聴きすることもございます。

 

どんな年代の方も、難聴があり、治療ができないのであれば、補聴器の装用を検討することは大切なことかと思います。

補聴器も、耳かけ式補聴器は目立ちにくくなり、デザインもスマートになり、

装用していてもやぼったくは見えないものになりました。

 

聞こえづらくて、何度も聞き返しをする、大きな声で話すなどのほうが、

かえって年齢を感じさせることなのかなと思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube