三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器は常時装用が基本です。その理由は。

2019-02-02

常時装用されているお客様より、体調不良でしばらく補聴器を装用しなかった。

体調が回復して、補聴器を装用すると、

せっかく慣れた、周りの音がにぎやかにきこえて、しばらく違和感があった。

装用しないでいた期間と同じ期間装用すると、また気にならなくなり、今は違和感はないということをお聞きしました。

 

補聴器は常時装用していただくことで、環境音がきにならなくなってきます。

これは、脳に音の記憶が残るためです。その記憶を残すためには、1日11時間の装用が必要といわれています。

ですので、必要なときだけ使用するといった使い方では、いつも周りの音がやかましいということになります。

今まで常時装用されていた方が、たった1~2週間程度使用していなかっただけで、違和感を感じるものなのです。

その違和感をなくすためには、また時間が必要となります。

 

補聴器の評判がまだまだ悪いのは、常時装用を装用者が知らないこともあるかと思います。

適切に使用できるように、販売店側が指導していないというのもあるかと思います。

 

補聴器は常時装用が基本であり、定期的なメンテナンスが大切である。

このことをもっとたくさんの補聴器ユーザー様、これからの補聴器ユーザー様にしっていただくために、

ブログでも啓蒙をこれからも続けたいと思います。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube