三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器使用者にある電池の問題。

2018-10-13

補聴器は電池がなくなると、お知らせ音でお知らせしてくれます。

(電池低下と話すタイプもございます)

 

そこから、もう1回お知らせ音がなれば、自然にす~と音がでなくなります。

(消耗具合により、1回のみのお知らせの場合もあります)

 

日々使用していくと、そろそろ交換かな?というのはわかるかと思いますが、

あと何時間使用できるのかということはわかりません。

 

電池チェッカーという消耗具合を%表示するものもありますが、

これはアバウトなので、新品の電池が古い電池といっしょの場所においてしまって、わからなくなった。

という場合には役立ちますが、使用時間まではわかりません。

 

その点、最近販売したGNリサウンド・クアトロの充電式は、

どれぐらい残量があるのかが、表示されるので、わかりやすいと思います。

真ん中の〇〇〇〇〇のところがグリーンに点灯します。この数でどれぐらいの電池が残っているのかがわかります。

30時間でフル充電ですので、40~60%ですと、12時間~18時間使用できることがわかります。

 

電池の消耗のタイミングを気にされるようであるなら、充電式がよいかと思います。

充電時間もどんどん短くなっていますし、上記のような蓄電型もあります。

充電し忘れても、蓄電していれば、移動時間に充電して、会社で使用ということもできます。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube