三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器用電池の廃棄時には、絶縁しましょう。発火する恐れがあります。

2018-12-04

先日、大阪のコーナンで、火事があり、出火元はボタン電池だったとニュースになっていました。

 

長年補聴器をご使用の方もご存じないかたが多いのですが、

補聴器の電池として使えなくても、電力は残っています。ですので、絶縁する必要があるのです。

 

ときおり、たくさんの補聴器用空気電池を絶縁せずにお持ち込みになる方はいらっしゃいます。

恐ろしい状態ですので、必ず絶縁しましょうとお伝えしております。

 

面倒ですが、セロテープを電池全体ぐるりと巻き、絶縁してください。

使用した電池は、当店でも回収ボックスを設けておりますので、お持ちください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube