三田補聴器コスモス・スタッフのblog

認知症と難聴

2016-05-12

難聴も認知症の危険因子であると、厚生労働省から発表されていることは

ご存じかと思います。

難聴を想像していただくときに、一番簡単なやり方としては、

御自身の耳に指をいれていただき、耳をふさぐということです。

指で耳をふさぐと、御自身の聴力レベルにもよりますが、

軽度の難聴レベルになるといわれています。

 

聞こえにくさは、指をいれていただくだけでも、実感いただけるかと思います。

そのきこえにくさで、軽度ということは、難聴がもっと進んだ方は、もっときこえづらいということです。

 

日本は高齢化社会から高齢社会になりました。

年を重ねていくことは残念ながらとめることはできません。

ですので、できる対処はしておくべきかと思います。

 

先日、新聞記事には、認知症を発症する、しないでは、介護費が

月5万円増という結果があるということが、記事になっていました。

 

高齢になるほど認知症の不安が募り、子どもに迷惑をかけたくないという思いが強まり、

自発的な認知症への備えにもつながっているとのこと。

そのようなことからも、ちょっと聴こえづらくなってきたという方の

御相談も増えてきているのかなと感じております。

大阪では聴こえづらくなってきて5~10年は様子をみておられたという方も多かったですが、

1~2年前から聴こえづらくなってきたというお客様も増えてきました。

聴こえづらさを自覚したときが、相談もタイミングだと思います。

当店は、実生活でしっかりとお使いになれるにようになった段階で、

購入を検討いただいております。お気軽にご相談ください。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

5月より、毎月3日は『きこえの相談日』をさせていただきます。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube