三田補聴器コスモス・スタッフのblog

身近な聴覚障害者

2016-05-31

娘の小学校でのお話しです。

娘は小学2年生で、お友達に補聴器を装用されているお子さんがおられるとのこと。

 

騒がしくすると、その子は聴きづらいし、しんどいからということを、同級生たちは、

クラスが違っても、1年生の頃から理解しており、

1年生の頃から、娘たちの学年のお子さんたちは、静かにしなければいけないときには、

静かになるのが早いとのこと。

 

小さなころから、ハンディをもった方々との交流は、

その人の立場になって考え、行動するといったことができるようになる、このようなことをきくと、実感できます。

 

きこえづらい方は、騒がしいところでの聞き取りは難しいことが多いです。

少しでも静かな環境のほうは、聞きやすいのです。

いろいろな人が、いっきにお話しすると、本当にききづらいし、疲れてしまいます。

早口もききづらいことが多いです。

 

補聴器を装用されていても、大人数での会話は難しいことがあります。

できる限りひとりづつ、はっきり・ゆっくりがききやすいです。

 

補聴器を装用されている方への大声は、声が割れてしまいますので、不快ですし、疲れます。

 

どれぐらいの声の大きさがよいのかを確認しながら、会話をされるのもよいかと思います。

 

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube