三田補聴器コスモス・スタッフのblog

難聴を放置されることは、おすすめできません。それはなぜか!?(難聴は認知症のリスクです)

2019-11-16

加齢性難聴の原因は、遺伝子と活性酸素による内耳障害ということがわかってきました。

 

難聴の予防方法としては、

・カフェインの過剰摂取をしない
・有機溶剤は付けない(毛染め)、吸い込まない
・飲酒は適度に
・有酸素運動を行う
・カロリー制限をしてメタボコントロールする
・騒音暴露に注意(イヤホンなど大音量刺激は避ける)
・睡眠コントロール(不眠、無呼吸などの問題がある場合は改善する)

・・・・これらの要因を見ていると、健康的な生活をこころがけましょうということにつきるかなと思います。

 

難聴となってしまったら、早急な対処をされることをおすすめします。

補聴器も早期装用が大切と言われています。

聞き返しが増えてきた、テレビのボリュームが大きいと言われる、きこえるけど、はっきりきこえない

このようなことがあれば、まずは耳鼻咽喉科でのご相談をおすすめいたします。

治療できることは治療していただき、治療はないということであれば、補聴器の適応になるかと思います。

 

補聴器相談医の資格をお持ちの耳鼻咽喉科医師に、補聴器が必要と認められましたら、

補聴器購入の際には医療費控除が認められます。

 

2017年、有名な科学雑誌であるLancetに、認知症の原因の65%は遺伝子が関与しており、残りのリスクファクターは、

中年期の難聴が他の病気よりもっとも関与するという報告が掲載されました。

 

年齢重ねたら、ききにくいとはあたりまえのことということで、放置されている方はまだまだ多いのが現状かと思います。

日本は長寿国家です。長寿ではない時代であれば、放置されてもそこからの寿命は短いので、周りの方々への影響も

少ないものかもしれませんが、今は難聴になってからの人生も長いものかと思います。

 

ご相談お待ちしております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月第2水曜日は三田市総合福祉保健センターでの補聴器相談日です。

ご予約不要です。来店前に話をききたいなどございましたら、お気軽にお越しください。

時間は10時~12時です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube