三田補聴器コスモス・スタッフのblog

難聴への理解

2018-02-06

きこえを文字で表現しますと、

健聴者は『聴こえ』と綺麗にみえるとお考えください。

 

難聴の方は、この聴こえという字が、ところどころ虫食いになっていると

想像いただければと思います。その虫食いの度合いもお人によって違います。

虫食いが多ければ、ぼんやりとしか字は見えないと思います。ぼんやりとしているので、

字も読めないこともあるかと思います。

 

ぼんやりとしか見えない字がなんなのか?ということを考える時間も必要ですので、

ゆっくりとお話しいただくことが必要です。

 

難聴といっても、おひとによって状態が違います。

共通してしていただきたいことは、ゆっくり、はっきり、正面でお話しいただくことかと思います。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube