三田補聴器コスモス・スタッフのblog

Eテレでの『加齢性難聴』自分に合った補聴器をどう選ぶの補足

2018-09-22

9月20日のEテレで加齢性難聴について、補聴器の選択調整にいついての放送がありました。

 

聴きづらいと感じたときには、耳鼻咽喉科で相談、補聴器適合に関する診療情報提供書をもって

認定補聴器専門店で試聴をするということがお話しされていたかと思います。

 

試聴は1~2週間できるとありましたが、1~2週間では音に慣れるというところまでは

行きません。先生もお話しされていたように脳が音に慣れるまでには3か月程度は必要です。

慣れるまでというのは、問題なく常時補聴器を装用できるようになるが目安かと思います。

その段階になってから購入されますと安心して、ご使用いただけるかと思います。

 

補聴器には、雑音制御、衝撃音抑制機能、言葉を際立たせる語音強調機能がございます。

お話しされていた10万円の補聴器には、雑音制御機能のみ搭載されています。

上記の機能がすべて搭載されているものは、どのメーカーも30~35万円以上のものからです。

 

どこまでの機能があれば、ご自身が使用しやすいのかを十分吟味してください。

当店では補聴器の音に慣れていただいた後、どこまでの機能があれば使いやすいのかを吟味いただいております。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

FAX 079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube