三田補聴器コスモス・スタッフのblog

ご家族は補聴器を装用してほしい、でもご本人はまだ必要ないと考えているこの場合に大切なことは。

2017-09-14

ご家族はコミュニケーションをとるのに四苦八苦しているが、その四苦八苦をご本人は気づいていない。

気づいていても周りが大きな声を出してくれればいいと、考えているということをときおりお聞きします。

 

ご相談にお見えになられても、なかなか装用となることは難しいのですが、

ご家族のフォローで、だんだんと御自身の聴こえを受け入れられ、装用となることも多々ございます。

 

ご本人が補聴器装用にやる気がない場合でも、ご家族のフォロー次第で変わります。

補聴器を装用しているときは、会話がしやすい、テレビの音も小さくなっているから一緒にみれる

最近、いろんな物音にすぐに反応しているねなど、装用したことによっての変化をご本人に伝えることが

大切なのかなと思います。

 

補聴器を装用すると、今まで聴こえていなかった音がきこえます。

最初は単純な物音が気になるということがあるかと思います。

それでも、少しづつ慣れることはどなたでも可能なことかと思います。

 

ご相談ください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube