三田補聴器コスモス・スタッフのblog

聞き間違いは要注意~難聴と認知症~

2016-12-06

補聴器メーカーワイデックスの耳からにこのような記事がございました。

聞き間違いは要注意~難聴と認知症~

~抜粋~

亀井昌代医師は、難聴になるとコミュニケーションに支障が出たり、音による刺激が減って脳の活動が低下して認知機能が落ちたりする恐れがあると説明。

80歳以上の男性の約8割、女性の約7割が難聴にかかっているとする研究も紹介した。

また、糖尿病や高血圧の患者は難聴が進行しやすいことも指摘した。糖類は難聴を悪化させ、

逆にキノコは難聴のリスクを軽減させる効果があるとする調査結果を取り上げ、「体に良いことは耳にも良い」と強調、健康的な食生活を心掛けるよう勧めた。

会場では、音声の途切れたナレーションが流され、音を聞く際の脳の働きを知る実演も行われた。来場者は、途切れた音声を理解するのに苦労していたが、無音の部分に雑音を加えて音をつなげると聞き取りやすくなることを実感していた。亀井さんは「きちんと聞く前に過去の経験から内容を勝手に判断して、結果的に聞き間違うこともある。だから注意も必要だ」と補足した。

聞き取る力を改善させるには、他人が読んだ文章を復唱するなどの訓練が効果的という。難聴ではない人も、雑音が入れば音が聞き取りにくくなるため、亀井さんは「音が聞きやすい環境を整えることが大切だ」と訴えた。~抜粋~

難聴の方も、雑音が入れば聴き取りにくいということがございます。

ですので、多くの補聴器に雑音抑制というものが搭載されています。この抑制の度合いによってお値段がどうしても変わってきます。

どこまでの雑音抑制などの機能があれば使いやすいのかということを確かめていただくのも

試聴期間になります。試聴期間が短ければそのことを確かめずに購入となってしまい、

もうちょっと静かになられなかったのか?ということが残ってしまいます。

聞き比べて購入を検討していただくと、納得のいく補聴器選びができます。

ご相談ください。

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

 

毎月3日は『きこえの相談日』です。

3日が定休日の場合は、次営業日になります。

お気軽にご来店ください。この日に関しましてはご予約不要です。

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

ご来店の際には、ご予約をおすすめさせていただいております。

TEL 079-558-8533

三田補聴器コスモスでは、失敗しない補聴器購入のためのレポートを

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)、篠山市の方は

無料郵送させていただいております。

補聴器を購入したけれども、使えていない。使わず置いている。

というお話しはまだ、残念ながらよく耳にするお話しです。

それはどうしてなのか?レポートにより疑問は解消されるかと思います。

疑問が解消され、正しい補聴器選ぶために必要な情報が掲載されております。

レポート請求は、お問い合わせページよりお願いいたします。

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube