三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器購入時には、客観的データーも参考にして購入されることをおすすめいたします。

2020-11-14

お持ちの補聴器のきこえに不満があり、ご相談にお見えになる方は、年々増えてきております。

 

お持ちになる補聴器の多くは、耳栓に大きな穴があり、きちんと音がでない状態になっている

ということがあります。

 

スリムチューブとオープン耳栓

特性機で調べると、高音がでていない

 

補聴器は様々な店舗で販売されています。

聴力測定をし、パソコンで調整し、どうですか?というお店もあれば、

客観的データーをとって、調整を深めていくという認定補聴器専門店もございます。

 

客観的データーとは、補聴器を装用した状態での言葉のききとり、

音のききとりの測定の結果です。

 

元々もっている言葉をききわける力が普通会話音で発揮できているのかということを

確認することも大切なことです。

 

 

客観的データーをみていただくと、ご納得しての補聴器の購入になるかと思います。

 

御相談お待ちしております。(感染予防対策のため完全予約制です)

 

短期の試聴で補聴器を購入することはおすすめしません

スマートフォンを利用して、じっくり試聴

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

定補聴器技能者が常勤しております。(スタッフ全員が認定補聴器技能者(補聴器の専門家)です)

 

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

メールでのご予約は、お問い合わせページよりお願いいたします。

ご来店の際には、ご予約をお願いいたします。

TEL 079-558-8533

FAX         079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube