三田補聴器コスモス・スタッフのblog

補聴器で電話を使用する場合は、耳かけ式補聴器の場合は練習が必要です。

2020-10-22

難聴になられて、お困りになられる場面としては、電話応対があるかと思います。

 

電話で話されてもよくわからない

突然かかってくる電話の応対が、むずかしくなってきた

・・・このようなことがあるかと思います。

 

かけられている方がどこでかけているのかも影響しますね。

騒がしい場所で話をされると、ききにくいですね。

 

補聴器を装用されるようになると、耳かけ式であれば、補聴器本体にもっていていただく必要があり、

練習が必要です。

 

耳あな式であれば、今まで通りの場所で大丈夫です。

 

電話応対もしやすいので、電話応対を仕事で主される方が耳あな式を選ばれるケースはございましたが、

今は外出時にはマスク着用となりましたので、その関係でも耳あな式を選択される方が少しづつ増えてきました。

 

今まで耳あな式のよいところを記載させていただきましたが、

デメリットとしてはこもり感です。これに慣れずに断念される方もいらっしゃいます。

 

こもり感を軽減するために、空気穴を大きくあける、形状を変えるなどございますが、

聴力を考えると、それが難しい場合もあります。

 

装用感がよい=きこえがアップ ではないことが多々ございます。

 

耳あな式を考えておられる方も、まずは耳かけ式でこもり感をクリアする、音質になれるということを

されてからでも遅くはないかと思います。

 

御相談お待ちしております。(感染予防対策のため完全予約制です)

 

短期の試聴で補聴器を購入することはおすすめしません

スマートフォンを利用して、じっくり試聴

 

補聴器は専門家が常勤、設備が整った認定補聴器専門店でのご相談をおすすめいたします。

三田市、神戸市北区 、三木市、西宮市・宝塚市(三田より地域)

地域唯一の認定補聴器専門店が当店となります。

認定補聴器技能者が常勤しております。(スタッフ全員が認定補聴器技能者(補聴器の専門家)です)

 

 

ご使用中の補聴器のお掃除・調整・相談も承っております。

 

メールでのご予約は、お問い合わせページよりお願いいたします。

ご来店の際には、ご予約をお願いいたします。

TEL 079-558-8533

FAX         079-558-8532

関連記事

Copyright(c) 三田補聴器コスモス All Rights Reserved.
directed by ACCESS web design
Top
  • RSS
  • Facebook
  • Google+
  • Twitter
  • YouTube